厨房グリストラップの浄化装置
  (
グリストロン/トラップマスター装置

装置特長

*:業界唯一のオゾン・エアー・バイオ併用の自動制御(特許出願)

弊社グリストラップ浄化システムの3大特長

オゾン・バイオ・酵素の多機能併用浄化方式を採用(業界唯一)
     @ 保存性(安定性)の良い濃縮バイオ製剤の採用(濃縮バチラス複合菌) 
     A 自社開発オゾナイザー(オゾン発生器)の内蔵(長寿命)    
     B バイオ製剤内にリパーゼ・プロテアーゼ・セルラーゼの酵素を複合
     C 3種類(オゾン機能・バイオ機能・酵素機能)の機能で油脂・悪臭を浄化。

業界最小のコンパクト一体型設計(60L/分ポンプ内蔵)
     @ 外形寸法 410(幅)X175(奥行)X350(高さ)    
     A 全機能内臓の多機能超小型一体型筐体設計
        (オゾン発生器・ブロワーポンプ60L内蔵・バイオ製剤5Lポリタンク内蔵) 
     B 場所を選ばない省スペースデザインで壁掛据置兼用型     
     C 本体1台で小型GT槽から超大型GT槽まで追加ブロワーのみで拡張可能     
     D 30リッターのブロワーポンプ2台を本体内に装備しバッキ強度制御が可能

製品の高信頼性とメンテナンスビリティの追求
     @ 筐体はステンレス製軽防水で屋外設置可能  
     A タイマー部は独立タイマー差込型で交換抜差し容易    
     B バイオ送出ポンプはチュウブポンプを採用でチュウブ交換が容易  
     C 故障が少なくメンテナンス修理が容易                
     D 各機能が独立単独タイマーを装備で全て全自動可能
 

バイオがオゾンに影響されない独自の方法

オゾナイザーは無電極管/冷陰極管、オゾン発生器(長寿命)を使用

オゾン投入による予備脱臭方法併用

オゾンの第一槽投入による残留塩素除去を併用

オゾンによる糸状菌、O―157、サルモネラ菌、大腸菌等の殺菌効果

グリストラップの状況に合わせた3種類のグリストロンからモデルを選択

(GT−1:標準機種、GT−2:間欠バッキ機種、GT−3:オゾン機種)

豊富な特長と豊富な機能のなかから状況に合わせて選択できます。

*:保守性と高信頼性と小型化を追求した製品群

消耗品の容易な交換が可能(チュウブポンプの容易なチュウブ交換)

医療用の液注ポンプのチュウブポンプを採用

エアーポンプはリニア駆動ダイアフラム方式の小型コンプレッサを採用

タイマーは、脱着自由なコンセント・プラグインタイプを採用

テスト機能は各動作の単独テスト機能のSWを備える

運転状態が外部でわかる動作表示ランプを備える。

業界唯一の5リッター・タンクの本体内装備。

*:場所を選ばない省スペース・コンパクト設計

オゾン発生器・エアレーションポンプ・バイオ液タンクが本体内に一体型で装備。

壁掛け・据置兼用型

扉施錠鍵装備

軽防水型設計

定格・仕様

入力電源 : 100V 50/60Hz    液タンク  : 最大5リットル

消費電力 : 60W            エアーポンプ: 60L/

外形寸法 : H350W400D175    注液ポンプ : 5cc/分 6cc/

本体重量 : 10kg(バイオ液5L除く)   オゾン濃度 : 0,1ppm以下

材質   : 全ステンレス製軽防水      設置タイプ : 据置・壁掛け兼用

テスト機能: 単独動作テストSW       動作確認  : 外部ランプ表示

 

機器構成・外形図

1 :メイン回路制御部           5 :エアーコンプレッサー部

2 :タイマー部              6 :ランプ表示部

3 :オゾン発生部             7 :動作スイッチ部

4 :タンクユニット部           8 :電源部

                      9 :液注入ポンプ部

 

装置設置と動作説明

@本体側面(エアー及びオゾン)出口にエアーホースを接続し他端に散気管を接続しグリストラップ槽にいれてセットします。(散気管は三又分岐で2本使用できます)

Aバイオ溶液タンク(5L)を本体内にセットしバイオ液ホースをタンク内の底まで刺しこみます。

B本体側面(バイオ液)出口に液ホース(黒色)を接続し他端をグリストラップの第1槽にセットします。(注:電源スイッチONとし、次ぎにバイオSWをONとして液がホースの出口より排出されることを確認して下さい。完了時はバイオSWは必ずOFFの位置にして下さい。)

C本体の電源コードをAC100Vコンセントに差込みます。

Dタイマーをセットします。(セット方法は別紙参照)

E電源スイッチをONし、各スイッチを順次ON側にして各動作とランプ点灯の確認をします。(注:確認後はOFFに戻してください)

F本体の扉の鍵をして完了。

以上で、本装置の設置は完了です。尚、タイマーは製品出荷時に特に事前の打合せが無い場合は200cc/1日にセットされています。(この設定では5リットルタンクで約25日間使用できます。25日目に再度必要であればタイマーの時間設定を調整してください。一般的に始めの1ヶ月間は通常の2倍程度の液量を必要としその後使用する液量は除々に減少いたします。)